オリックス銀行カードローンをはじめとしたカードローンは、
必要な時にお金を借りられてとても便利です。


借りたからには当然返済があるわけですが、
この返済に絡んで知っておきたい要素の1つが金利の存在です。


オリックス銀行カードローンの金利はどのくらいなのか、
これは最終的な返済金額にも関わってくる重要な部分など、
あらかじめしっかりと把握しておきましょう。


年利について

カードローンを利用する場合、
借りた額だけを返済するのではなく利息も一緒に返済していきます。


この利息の額を決めるのが金利で、
オリックス銀行カードローンの年利は、
3.0パーセントから17.8パーセントとなっています。


年利ですから1年間で発生する金利ということになります。


年利がどのくらいかで返済にかかる、
費用も大きく変わってくるので必ずチェックしておかないといけない項目です。


お金を借りたい時はどのくらい借りられるのか、
すぐに借りられるのかなどに注目してしまいがちですが、
返済のことも考えると金利の情報は非常に大切です。


3.0パーセントから17.8パーセントと幅がありますが、
これは申込者の状態や借入金額などによって年利が変動するからです。


最少で3.0パーセント、最大で17.8パーセントということで、
自分の場合はどのくらいの年利になるのか、これがポイントになります。


年利の決定方法

さてさきほど年利は状況によって、
どのくらいかが決まると紹介しましたが、
原則として借入金額によって決定されます。


オリックス銀行カードローンの場合、
基本的に100万円ごとに金利が変わってくる仕組みになっています。


たとえば借入金額が100万円未満の方だと、
年利は12.0パーセントから17.8パーセントで最大の年利が適用される形です。


100万円から150万円以下の方だと、
9.0パーセントから14.8パーセントで先程より年利が低くなっているのがわかります。


150万円超200万円以下の場合だと、
6.0%から12.8パーセントでさらに低くなり、
最終的に利用限度額の最大である800万円借りた場合は、
3.0パーセントから4.8パーセントという年利になります。



単純に借入金額が大きいほど年利は低くなるわけです。


借入金額が大きいと毎月の返済額も増えていくので、
年利を低く抑えることでバランスをとっているようなイメージです。


そのため申込の前に自分はいくら借りる必要があるのか、
金利はどのくらいになるのかをチェックしておきましょう。


お得な金利

具体的な金利を紹介しましたが、
高いと感じるか低いと感じるかは人によっても違うと思います。


ただ1つだけ言えることはオリックス銀行カードローンの金利は、
業界でも最低水準と言われるくらい低いということです。


金利が低いというのは利用者にとって非常に大きなメリットであり、
その点でオリックス銀行カードローンはとても優れたサービスなのです。


返済時、意外と大きな負担になるのが利息です。


金利は低いほど返済時の負担が減らせますし、
余計な出費を抑えながらローンを利用できるのですが、
カードローン会社からすれば金利によって利益を得ています。


そのためカードローン会社としても0にするのは難しいのですが、
オリックス銀行カードローンは低く設定されているので利用者にとっても使いやすいカードローンです。


カードローン会社を選ぶ時は金利を1つの判断材料にしましょう。


具体的な金利は契約時に確認を

ここまでオリックス銀行カードローンの金利について、
紹介してきましたが借入金額ごとの金利にも幅がありました。


同じ100万円を借りる場合でも人によって金利に多少の違いがあるわけです。


自分の場合どのくらいの金利になるのか、
この最終的な確認は契約時にしっかりと済ませておきましょう。


100万円借りた場合は、
9.0パーセントから14.8パーセントの金利になるのですが、
この範囲内のどのくらいかは人によって違います。


最少の9.0パーセントなのか、
それとも最大の14.8パーセントなのか、この点はとても大切です。


収入や勤続年数や過去のローン利用歴、
返済実績などによって最終的な金利が決められる仕組みなので、
審査を受けてからでないと具体的な金利はわかりません。


審査前はあくまでも参考として金利を確認しておきましょう。


カードローンにおいて金利はとても大切な部分です。
借りる前はもちろん、借りた後、返済している時も常に、
金利を意識しておけば賢くカードローンを利用することができます。