オリックス銀行カードローンの審査に通りたい人は必見!

カードローンを利用するためには審査を受け通過しないといけません。


非常に重要な部分になりますので、
審査を通過するための条件とはなんなのかを把握しておくようにしましょう。


特に時間がない時は審査に通らず契約できないとなれば、
お金を用意することが非常に難しくなってしまうので注意が必要です。


まずは申込条件の確認を

審査を受けるためには、
申込をするのですが、この申込にも条件が設けられています。


オリックス銀行カードローンの場合、
申込の時点で満20歳以上69歳未満であり、
日本国内に住んでいて、毎月安定した収入があることとなっています。



つまりこの条件を満たしていないとそもそも、
申込ができずに審査を受けることも当然できません。


流れとしては申込をして審査を受け、
通過したら最終的に契約となっていますので、
申込条件については真っ先に確認し自分が条件を満たしているかどうかを判断しましょう。


毎月安定した収入があるというのは、
簡単に言うと仕事をしている人ということになりますが、正社員である必要はありません。


アルバイトやパートでも安定した収入が得られているのであれば申込可能です。


返済能力があるか

これはとても重要なポイントになります。


先程安定した収入があることが申込条件と紹介しましたが、
たとえ安定した収入があってもその収入から返済できないようであれば意味がありません。


カードローン会社としても返済してもらえなければ、
大きな損失につながってしまい、それだけは絶対に避けないといけないので、
非常に厳しくチェックされると考えておきましょう。


そこで重要になるのが他社からの借入の有無と借入金額です。


年収が1,000万円を超えるような、
いわゆる高所得者であってもすでに何社からも借入をしており、
その返済だけで精一杯の状態であれば、審査を通過するのは難しくなります。


申込時の必要事項として他社からの借入の有無と、
借入金額を記入する必要があるのは審査の判断材料にするからなのです。


もし他社の借入があると金額によっては、
審査に落ちてしまう可能性があります。


可能ならあらかじめ返済を終わらせておくなどの対応を考えましょう。


勤続年数について

申込時には年収や他社からの借入に関する情報だけでなく、
今の会社にどのくらい勤めているのかも尋ねられます。


はっきりしたことは公表されていませんが、
勤続年数が長いほど審査においては有利に働くようです。



勤続年数が長いということは、
近い将来その会社を辞める可能性が低く、
それだけ安定して収入を確保できるということなのでしょう。


そのため逆に勤続年数が短い、
特にまだ入社したばかりの場合などは審査において、
若干不利に働いてしまう可能性が出てきます。


勤続年数が短いからという理由だけで、
審査に落ちるわけではないでしょうが重要な情報の1つであることは間違いありません。


だからといって虚偽の勤続年数を記入するのは絶対にしてはいけませんが、
審査に通る1つの条件になっていることは把握しておきましょう。


具体的な審査基準は非公開

ここまで審査に通過するための条件を紹介しました。


しかし具体的な審査の基準は非公開となっているため、
オリックス銀行カードローンの担当者でもない限り正確なことはわからないのが実情です。



上記で紹介したような要素が大きく関わっているのは確かですが、
どのくらいの重要性を持っているのか、他にどのような部分を審査して、
契約の可否を決めているのか、これはオリックス銀行カードローンに限らず、
すべてのカードローン会社で非公開です。


結局は申込条件を満たしているかを確認し、
後は審査を受けてみないと結果はわからないのです。


ただ審査終了まではそれほど時間がかからず、
早ければ30分ほどで結果がわかります。


もし審査に通過できるか不安がある場合でも、
申込をしてみるのもいいでしょう。


申込条件を満たしていれば、
審査に通過する可能性は十分にありますので、
気軽に審査を受けてみるのがおすすめです。


基準が非公開ということで事前に借入可能かが判断できず、
不安になる場合もあると思いますが審査は無料で受けられますし、
とにかくまずは申し込みすることが大切です。


審査に通過することがカードローンを利用するための第一歩です。


もし審査に通過するかどうかわからない場合も、
審査でチェックされる条件などを確認し、もし対策できる部分があるなら、
事前に対策をしておくと審査通過の可能性を少しでも上げることが可能です。