オリックス銀行カードローンに申し込む前に用意しておきたい必要書類について!

カードローンの利用を始めるには、
申込時にいくつかの書類を提出しないといけません。


これらの書類がないと契約ができず借入もできませんので、
必ず事前に用意しておかないといけませんが、
たとえば身分証明書が必要な場合免許証がなくても大丈夫なのでしょうか。


必要書類について詳しく確認していきます。


本人確認書類について

オリックス銀行カードローンを申し込むためには、
本人確認書類が必要になります。


車を運転される方は免許証を利用することがほとんどだと思うのですが、
免許証がない方でももちろん問題ありません。


オリックス銀行カードローンでは免許証の他にも、


  • 健康保険証や個人番号カード
  • 日本政府発行のパスポート
  • 在留カードや特別永住者証明書

なども本人確認書類として使えます。


運転免許がない方だと、
健康保険証やパスポートを使うのが便利でしょうか。



これらであればすべて本人確認書類として認められ、
申込ができますので提出用にコピーをとっておきましょう。


いずれか1通があれば大丈夫です。


ちなみに健康保険証の場合は通院歴の部分は塗りつぶしてよく、
個人番号カードなら表面のみの提出、パスポートの場合は、
顔写真入りのページと所持人記入欄、つまり…
氏名と住所が書かれたページをそれぞれ提出する形になっています。


所得証明書類について

希望する利用限度額が300万円を超える場合には、
本人確認書類だけでなく所得を証明できる書類の提出も求められます。


また、審査の結果によっては、
利用限度額が300万円以下の場合でもやはり、
所得証明書類が必要になることがあるようです。


会社に勤めているいわゆるサラリーマンの人などは、


  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 課税証明書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

を所得証明書類として使うことができます。


会社を経営している方、個人事業主の方などは、
住民税決定通知書または課税証明書や納税証明書、確定申告書が使えます。


つまり利用限度額が高額になる場合は、
現在の収入についてしっかり証明しないと審査を通過することができないわけです。


本人確認書類とは別にさらに書類を用意しないといけないので、
少し面倒ではありますが利用限度額に応じてこれらも用意しておきましょう。
利用限度額を問わず念のため用意しておくのもおすすめです。


その他の書類について

原則として本人確認書類と所得証明書類があれば、
申込できるようになっていますが、審査の結果によっては、
オリックス銀行カードローンが指定する書類を提出しないといけない場合もあります。


この場合は審査の後に連絡が来て、
必要な書類について案内してくれますからその案内に従って用意しましょう。


めったにないケースだとは思いますが特殊な例としてこういったこともあり得ます。


こうした書類については案内があるまでは、
どんな書類が必要になるのかわかりませんので、
基本的には本人確認書類と利用限度額によっては、
所得証明書類だけを用意しておけばかまいません。


特に本人確認書類は利用限度額に関係なく、
必ず提出する書類になるので忘れずに用意しておきましょう。


必要書類の準備でスムーズな手続きを

急ぎの用などで申込当日にすぐにでもお金を借りたい場合、
いかに素早く申込から契約までを終わらせるかがポイントになります。


申込から審査、そして契約までは1時間もあれば、
終わることがほとんどですがこれは書類などに不備がないことが前提です。


必要書類が不足している、不備があって使えないとなれば、
書類を改めて用意することになりそれだけ時間がかかってしまいます。


必要書類は申込前、たとえば、
前日などにすべてをしっかり用意しておくようにしましょう。


どんな書類が必要かはここでも紹介しましたが、
わからないことや不安な点があるならオリックス銀行カードローンに、
直接問い合わせするのもよいでしょう。


いずれにしても書類をしっかり準備しておくことが、
スムーズな契約手続きにつながります。


利用限度額が300万円を超えて所得証明書類が必要な場合、
会社に書類を用意してもらうだけでも数日かかることもありますので、
さらに早めの準備が必要になるでしょう。


急いでいる時ほど入念な準備が大切です。


本人確認書類や所得証明書類は、
カードローンを利用するにあたって非常に大切な書類になります。


これらがないと申込から審査を受けることができず、
困ってしまう可能性もありますので事前にしっかり用意をし、
提出を求められたらすぐにでも提出できる状況を作っておくようにしましょう。